カタカナ文字   

先日車内での一こま。

どうしてだかムーミンの話題になり・・・
「そういえば新しいムーミンに出てくるスナフキンは
ギター弾いてないんだよね」と私が言ったら

下二人はギターを弾くスナフキンは知らず
長女はどちらも知っていた。
旦那は「じゃあ今のスナプキンは何の楽器なの?」と聞いてきた。

今スナプキンって言った?と思いつつも聞き間違えかと
話を進めた、「ハーモニカなんだよ~~」と。
ところがまた
「スナプキンがハーモニカかぁ・・・」と旦那の一言。

「ねぇ、それウケを狙って言ってるの?スナプキンって」と私が聞くと
「だってスナプキンだろう??」とマジな答えが・・・

後部座席に座っていた娘3人はたちまち声を張り上げ始め
口々に「違うよスナフキンだよーー」とか「何それ~~スナプキンじゃないよ」とか
しまいには3才の末娘にまで
「パパ、スナプキンじゃなくて、スナフキン」などと突っ込まれていた。

元来、読解能力を必要とするものが苦手のモロ理数系の旦那は
言葉にもあまり頓着がないのか、カタカナ文字にかなり弱いことは
解っていたけど・・・・・

なんでスナプキンなの?と聞くと、ナプキンという言葉しか聞いたことないから
ナプキンにスが付いた名前なのかと思っていたと。

えっ!?それってどういう理屈なの??
名前は名前で知ってる言葉で構成されてるわけではないだろうに・・・

カテキンをカキテンと読んでみたり、とにかくひっくり返して覚えてることが
多いもんだから、話が見えないことが多々ある。

私にはどうも理解できないその習性はきっとこの先も発揮されていくんだろうなぁーー。
[PR]

by geyschio | 2004-11-23 16:19 | 家族の話

<< ケーたまを遂に・・・ 奈良の事件 >>