親知らずの治療   

7月あたりから通い始めた歯医者・・・足掛け半年。

予約がいっぱいなので、月のうち2回くらいしか行けない・・・
でもこの際だから要治療の歯は全部治してもらわなくちゃと
がんばってます。

今日は親知らず。ここの治療は一度経験してるので覚悟はしてたけど
「精一杯大きく開いてください。」
「これで限界かな?」
と言いつつ先生、「うーーん、これじゃ入らないなぁ~」
歯を削るドリルのような器具の先を一生懸命選んで
治療開始。

麻酔はバッチリきいてるんだけど、無理やりこじ開けてるもんだから
歯じゃなくて押さえてる道具が口の脇と歯茎にくい込んでメチャンコ痛い~~~

さすがに痛みに強いと豪語してる私でも、しかめ面をしてたんではないかと。
先生一度手を休めて
シューシューと風を送るやつで麻酔が効いてるか確かめて
再度治療開始。

あごが外れるかと思うくらい大きな口を開けてなきゃいけないのが一番辛い。
でも先生もかなりしんどい治療なんだろうなと思うわけで
ひたすら忍耐あるのみ。

そのあとはわりとスムーズに運び、型を取って仮の詰め物をして終了。

そして今治療からもう2時間経過してるんだけど、まだ麻酔がとれなくて
舌がビリビリで、ほっぺのあたりもボワーーンで
でもまだ今日は奥のほうだから我慢できる。

前回の時は麻酔が効いてる間、水を含むと口の脇から
ダラダラと水がこぼれ、自分の口なのにコントロールできなくて
まるでよだれを垂らす変質者のようで自分に笑っていた。

ここが終わってもあと一本虫歯があるそうだから
あと1ヶ月強は掛かるのかなぁ~~~。
[PR]

by geyschio | 2005-01-17 18:51 | その他

<< 不機嫌なジーン コールドマウンテン見ました >>