ティーダ遂に・・・   

三女が案の定、風邪が移って高熱だしてます。

台風の暴風雨のなか車が昼間ないので医者に行くことも
ままならず・・・(タクシー飛ばすほど余裕ないし)
まぁーー元気はあるからいいかと呑気な母でした。

でも夕方早く帰ってきてくれたパパさんとなんとかギリギリの時間に
小児科に入って(顰蹙もんで、申し訳ない・・・)
薬をもらってきたので一安心。

薬のせいか風邪でだるいせいか昨夜はその三女も
コテンと寝てくれて
ふっといつもよりも早めに自分の時間が取れたということで
チョコチョコとやっていたファイナルファンタジーⅩ-Ⅱを終わらせようと
始めました。

いつでもエンディングには行けるとこまではきてたんだけど
コンプリート率100%を目指していたので、単調な作業をコツコツとやってきましたが、
もういい加減エンディングが見たくて絶えられなくなり・・・99%のまま
進みました。

コツコツとやっていたおかげでそれぞれのキャラのレベルが上がっていたので
エンディングに入ってからは思いのほかラクに進み
いよいよティーダ復活の条件をクリアしてエンドロールをひたすら見つめて。

幻光虫が中心に集まり・・・・
ティーダになった。ほんとにほんとにティーダだ。

海の中から顔をあげ、ビサイド島に向かって指笛を吹き、島に向かって泳いでいく。
そして上空にはユウナたちを乗せた飛行艇が近づいてきて
すっごい勢いでティーダのそばに降り立つと、
中からユウナが走り寄ってきた・・・

もうこのへんで涙が・・涙が止まらなくなって、かなりの感情移入状態。

ユウナが抱きつき、ティーダに聞いた、「本物?」
ティーダは「たぶん」と答え、
再びギュギュッと・・・

飛行艇から他の2人も出てきてユウナとティーダを見て安心して
島のほうからは「どっか他でやってくれ~~」と兄貴分のワッカの声。
島にはたーーくさんの人たちが二人を祝福してて・・・・

こんなに復活ムービーが長いとは思ってなかったし
こんなに自分が感動しちゃうとは思ってなかったのでした。

そんでもって今更のFFⅩ-Ⅱなんですけどね。
一度去年終えたときはティーダが復活してくれなくて、再度やり出してからも
もう半年。チョコチョコとやってるうちに気持ちはユウナと重なって。

映画を見るよりも生活に密着してる分、ユウナの思いが自分の思いになっていて
ものすごーーく感動しちゃったみたいです。
終えてみて、このⅩ-Ⅱに関しては女性のほうが楽しめるものだったような
気がします。

主人公も女性だし、ストーリーは特に大きな山場とかもないし
チョコチョコとイベントをクリアしていくことで
話しが進むだけでなく、ある程度自分でそのイベントを探していかなきゃいけない。
選択肢の違いでエンディングが変わる所なんかも面白かったです。

とにかく久しぶりに心の底から感動しちゃって本日は余韻にひたっております。
[PR]

by geyschio | 2004-10-20 12:49 | その他

<< 出ずっぱり 10月ってこんなに台風が来襲し... >>