2005年 05月 30日 ( 1 )   

ペットの話   

うちには犬と猫が一匹づついて・・・
でも仲はかなり悪い。

犬はもう15歳のおばあちゃん。
猫もなんだかんだと7歳になったのでおばさん!?

どちらも拾ったので正確な誕生日はわからないけれど
拾った時にだいたい2ヶ月くらいの子供だったから
そこから想定しての歳になる。

犬の名前はラム。うる星やつらのラムちゃんから・・・・
まだ一人暮らしをしてた15年前。

OLの他にバイトをしていた・・・レストランのお運びさん。
本業よりも楽しかったバイトだったのでその日も
みどりの日という祝日であったにもかかわらず
出勤しての帰り道に道路の真ん中で寝ている子犬を発見。

次の日そのあたりで迷い犬ではないかと探して見たけれど
該当者なし・・・ということで飼うはめになった。

でも結局ラムと住み始めたことでいろいろと助けられた。
主にメンタルな部分で・・・・
世話は小さいうちは大変だったけど
毎日散歩するうちにお知り合いになるいろんな人たち

友達と遊んでいても気になるので絶対深夜12時前後には帰宅。
だから疲れを残すこともないから体調もGOOD

映画やドラマ見て泣いてたりするとペロペロと頬を舐められ
それは慰めてくれてるのかなぁ??って
もともと一人暮らしは嫌いじゃなく自分でそうしたくて
実家が近いのにしたんだけど
やっぱり住んでるパートナーがいるのって
嬉しかったのかもしれない・・・・

冬の散歩は寒くてしんどかったけど、ベッドの足元に寝てくれると
あったかかった。
でも結婚して子供が生まれると外犬にされちゃったんだけど
性格のいい子ですんなりと受け入れてくれて感謝だった。

転勤とともにここは4ヶ所目の家になるけど
今は庭付きの一戸建てを借りてるのでラムにとっても快適のよう。

そしてこの家に引っ越す前の所で妊婦の猫が
栄養状態も悪そうでついエサをあげてしまった・・・・
小さい体で一生懸命ノラで生きてるのが痛々しくて

それでも元来猫ずきの私は今まで2匹の猫を飼い事故で失ってる経験が
その子を自分のうちの猫にするふんぎりはつかなかったから
エサだけたまにあげていた。

ところが転勤が決まって、いつもベランダにくる癖がついてた猫を
おいていったら次に入る人に申し訳ないし・・・
避妊手術もしたばっかだったので気になるしということで
とうとう我家の猫にするという決断をして
ここに連れてきた。

だから名前は娘が付けたのでありきたりなミミ。
ここは住宅地なので車が通る台数も少ない為
これまたミミにとっても過ごしやすい環境みたい。

ただ家から出る時に庭を通過するにあたってラムに見つかったりしたら
吠えられて追っかけられてだから
ミミは自分で窓を開けるんだけれど1歩踏み出すまでに
耳をたて目を凝らしあたりをかなり執拗に見わしながら出て行く。

ところがここ1年くらいはラムの耳が遠くなり視力もかなり低下してるので
気がつかないということが度々あるようになった。
なのでここのところのミミは堂々とラムの小屋のそばのサッシを開け
サッと出て行ってしまう。

ふてぶてしいゾ・・・ミミ。

そんなミミも今近所で立て替えの為に業者が来てて
尚且つ家を建てる音も凄いもんだから
昼間はちっとも出なくなった。
小心者と言うべきか慎重と言うべきか

そんな2匹のやりとりを見てるのも結構面白かったりして
いつまでも元気でいて欲しいなぁと
そればかりを願うのみ。
[PR]

by geyschio | 2005-05-30 04:43 | DIARY