2005年 06月 20日 ( 3 )   

レンタル一日遅らせれば・・・   

あーーーあ、やっちゃった。

先週水疱瘡で家から出られなくてつまらないだろうと
木曜日にTSUTAYAにてDVDやらビデオやらレンタルしてきたんだけど

なんと金曜日から半額だった!!

やってしまった。大きいよこの差は・・・だってそしたら倍の数借りれたんだもん、
家族5人各1枚借りてきたけどもう全部見終わっちゃった。

一人2枚は借りれたんだから・・・まだ今頃
「さぁ見よう!!」って楽しめただろうに。

そういえば私は自分用に『天上天下』っちゅうアニメを借りたんだけど
ずーーと前から見たくて、でもどういった内容なのかはちっとも知らず
関 智一さんの出演作品っていうことで楽しみに・・・

面白かった、関さんにしては血気盛んな役でなく見た目はヒョロッチクて普通の高校生
なんだけど、実はなかなかの腕前という役。
主人公の保志さん、そういえば主人公と同じ名前・・・
ここでも三木さんと関さんの仲良しコンビがいて、フルーツバスケットで一緒の
久川 綾さんともここで共演。o(≧∀≦)o゛

だけどなんつっても女性陣の描き方がセクシー~~~さすがウルトラジャンプ連載物。
まぁそれもいいんだけど。

でも・・・うちの娘達が面白いといって見てるのはどうかと。

創聖のアクエリオンにしてもすっごく毎週楽しみにしてるけど
早熟な子供になってしまいそうで怖い。

モチロンめちゃんこまずそうな内容の時は、「録画忘れちゃった」ととぼける母であったりする。

私用に録画してるだけなだから、母の好きなアニメを見るのはよして欲しいなぁ。

そういえば昨日も
旦那用に借りてきた『アイ ロボット』・・・全編字幕で見てたのに
面白いとか言って子供達見てたけど、わかってるのかなぁ?

さぁーーーとにかく早く今の返して・・・次借りてこなきゃ~~~
[PR]

by geyschio | 2005-06-20 13:05 | 家族の話

水疱瘡   

きっと今日書いておかないと・・またいつPCに向かえるか心配。
だからって訳じゃないけど、なんだかいっぱい書いちゃう~~


実は先週の中ごろから娘が水疱瘡で、熱が出て次の日ポツポツと出た湿疹の中に
水っぽいものがあったので確信したんだけど

その日はもの凄い雨~~
平日は車を旦那が乗っていってしまうので、タクシー呼んで行こうかなとも思ったけど
熱も39度あったし・・・この雨の中どうしたもんだろうと悩んで
病院に電話で一応確認。

早く連れて行ったほうがいいものならば、今日中に。
明日の午前でもよければ(車が使えるから)明日にしようかと尋ねたら
本人が辛そうでなければ明日でも・・・ということだったので
そうした。

あーーでもやっぱり私の判断ミス。

これってウィルス性のものだからインフルエンザと同じ様に
初期の対応が肝心なんだってことを次の日になって実感した。

個人差もあるんだろうけど、確か上の娘はすぐに連れて行ったからか
こんなに全身に発疹が広がらなかったと思う。

今は抗ウィルス薬があって、実はこれを早い段階で飲んでおくと
2~3日で完治する場合が多いとか・・・

うちはあきらかにそんな状態でなく、しっかり1週間はかかりそうな気配。
とりあえず発疹はすべて出きった感はあるので大変なのはこれから~~~~

かさぶたになってきて痒い。かいてかさぶたをはがしてしまうと痕になるから
乾燥させないように薬を塗り続けることが大事。

本人が一番大変なんだと思いつつ・・・薬ぬるのに結構時間をとられ
家事をする気力がわかない(そうでなくてもないのに・・・・)母なのでした。
[PR]

by geyschio | 2005-06-20 11:40 | DIARY

オペレッタ狸御殿   

先週の日曜日に1回、そして急遽木曜日に1回見てきたオペレッタ狸御殿
一般受けしない映画だとわかってはいたけれど、まさかこんなに早くに終わるとは
思っていなかったよ~~~

ラブストーリーはこれっきりというからにはしっかりと見ておかなくては(笑)


思いのほか雨千代さまにやられてしまった。

そしてチャン・ツッイィーさんにも・・・・      かわいい。

『LOVERS』で綺麗な顔立ちで尚且つカッコイイなぁ~~と思ってはいたけれど

今回は不慣れな日本語のセリフもあったりするのでかわいいという表現になってしまう。


実は清順監督の作品は初体験。

まっさらな状態で見て、なんだか感動しちゃった。

チャン・ツッイィさんは清順監督のオファーだから引き受けたみたいなこと言ってたし

そんなに国際的に有名な監督さんだっていう認識もなく

オダギリ殿も苦手なラブストーリーなのにこの監督さんの作品だったからこその出演
というのもなんだか納得。


独特の構成で、アクが強いというか個性的な分

見てて疲れるんじゃないか・・・入り込めないんではないかと思ってたのに

自分でも意外で最後までワクワクしながら見ていた。

あんな突飛な映像をさも普通のことのように見れてしまうのって凄いぞって。


一番好きな場面は由紀さおりさん演じる”びるぜん婆々”が薬師丸ひろ子さん演じる”お萩の局”と戦って死んでしまうところ。

由紀さおりさんの歌がうまいのは当たり前な訳だけど素晴しい!!と感動~~~
あの歌詞も曲も好き!とっても潔くてスカッとしてしまう場面だからかもしれない。


もともと私はミュージカルというジャンルがちょっと苦手だから、
役者さんの誰が歌が上手とか全然知らなくて・・・
だから今回はへぇ~~と感心するばかり。

平幹二郎さんは映画が始まって始めのほうで唄って登場するんだけど
まずそのうまさにビックリ・・・

そして中盤いやそれよりもあとのほう、水戸黄門でおなじみの高橋元太郎さんの歌のうまさにも
ほえ~~と思ってしまった。そうだったんだ!!って

薬師丸さんのお声は大好きだし・・・あの歌が頭から離れない・・・・
”思いあがりませ~~あなたは狸姫~~”♪♪♪♪♪

この映画を構成していたキャストすべての人たちが好きだったから余計に
楽しめたのかもしれない。
市川美和子さん・・パパイア鈴木さん・・・篠井英介さん・・・山本太郎さん

永瀬正敏さんはどこじゃぁ~~って思いながら
(同行してくれたジョー友にどこかにいるらしいと聞いて)
最後のテロップにて
楽団員の中にいたことが判明。あのラッパ吹きだったのね。
隠れキャラかい!!!

でも何よりやっぱり雨千代さまーーーになっちゃう。

衣装はモチロンそれ自体が素敵だったんだけど、なんで彼が着てるだけでこんなに
凛々しく感じるんだろうとか・・・

後姿を見てるときに、とても惚れ惚れしてしまったり・・・・

最後父親である”安土桃山”に斬られて息絶え、それがアップになるんだど
あいかわらず素敵だ・・・と思ってしまったり。   ←ここら辺はファンだからってことでご勘弁。

楽しませて頂いたのは何ヶ所かでクウガを彷彿させてくれるポーズが見れたこと♪

最近ではめずらしく優しいソフトな役所でホワホワンで見てた。


実は市川雷蔵氏の狸御殿を一度見たことがあるけれど(決してリアルタイムではないよ!!)
その当時からこの映画は物語を見せることがポイントではなく
華やかさ、主人公たちの色っぽさ、歌をメインとした劇(お芝居)っぽい構成
そんな映画であったから

今回の映画もそういった路線を忠実にかもし出してると思った。

背景に描き出されてる墨絵にもお金かかってそう・・・それに煌びやかな着物なのに
ダンスをしやすい動きを重視した衣装、芸術性の高い映画だなぁと思った。

そんな視点で楽しんで見ることをお薦めしたい映画だった。
[PR]

by geyschio | 2005-06-20 11:09 | 映画