カテゴリ:オダギリジョー( 5 )   

Gyaoにて   


最近、一緒に行動を共にしてくれてる幼稚園のママ友からGyaoの話を聞いて
登録してみようって気になった。

韓流ドラマの話題をされてもちんぷんかんぷんで、無料で見れるし好きな時に見れるっていう
Gyaoだからいいかもって思って。

メインは”NIGHT HEAD”とか”幕末いろはにほへと(あってるのかタイトル?)”とかGyaoでしか見られないアニメに前々から惹かれてっていうところなんだけど・・・

登録はしたものの、なかなか見れないでいたんだけど、家人の出張でPCが思う存分使えるということで一昨日、夜中の1時まで見ちゃいましたさぁ~~~

す・するとそこにはオダギーの曲のPVが・・・・(久しぶりの呼び方)

あるとわかった瞬間、カンパツいれずにそのPVをクリックしてる自分に、やっぱり好きなんだなぁーーと我ながら感心しちゃった。

どうしてもあの髪型についていけてないから、見てどうなんだろうってドキドキだった。
そんでもって、これはエクステなんだろうけどどうしてこっちはこうなんだ??とかあいかわらず唸りながらも、詠ってるオダギーの表情はめちゃくちゃ格好良くて・・・・・

最近、見続けてきたMr.オダギリが凄く暴走してるようにも思えて寂しくって、でも本来の彼が人とは違う何かに固執して生きてるタイプだと思っているので、当然といえば当然。


またまた・・・大笑いしてる顔が見たくて誕生日SPの「舌」なんかをわざわざひっぱりだして、構えをとっぱらってるオダギーを見ちゃった。うーーん、みんな若い!!!それぞれに年輪を重ねていってるんだなぁ~~って思った。


まっいいっす、これからも多少の距離感を持ちながら地味~~に追いかけさせてもらいます。

だってパビリオン山椒魚まだ行ってないんだってば!!!!
[PR]

by geyschio | 2006-10-24 15:57 | オダギリジョー

BIG RIVERの舞台挨拶   

先週の中でとにかく嬉しかったこと・・・・それは”BIG RIVER”の初日にがんばって並んで
舞台挨拶をじかに見れたこと!!!!!!!

BIG RIVER はオールアメリカロケでセリフはオールイングリッシュの映画

整理券をゲットしたくて、でもさすがに徹夜は無理そうというので始発で新宿に向うことにして
朝6時に着いた時点で70人くらいはいたのかな??
雨のためか前日までとは違い気温も低くて、立って待つ3時間というのは思っていたよりも
しんどかった。

何よりも移動ができないのが辛い・・・・列ができているわけだから
隣や前の人たちは感じ良い方たちだったから、
一言ことわればちょっと抜けてくるのはOKだったけれど
雨だし、傘さして度々うろうろするのは申し訳ない気がして・・・といってもたぶん
まわりの誰よりもコーヒー買いに行かせてもらったり
たばこ吸わせてもらいにいったりしてましたぁーーーースイマセン。

だって一緒に行ったジョー友とは列の関係で端と端に別れてしまい、おしゃべりして時間つぶすこともままならずだったので。

そしてとうとう列が動き始め整理券をもらうときに1回目は立ち見になる可能性がと言われ
2回目のほうの整理券をもらい、ひとまずその場を離れることに

やっと一息つける~~~
ご飯を食べてある程度時間つぶして集合時間にテアトル新宿に行って
でもまたそこからが長かった。

ずーーーとまた並ぶ時間を耐え、やっと2回目の開場
なんとか席を確保して落ち着いて、いよいよ監督とMr.Joeの舞台挨拶が開始!!!
ラッキーにも登場してくる扉が自分たちのすぐ右手のドアで、暗い中とはいえ
至近距離での登場は嬉しかった。


最近、あまりニコリという表情を見てなかったので(Mr.Joe)
その日の笑顔が
とにかく嬉しかったっす。

監督がいきなり発言を噛んだところから、笑ってて

インタするお姉さんのキャラも良くて、かみあってないお姉さんとの会話が
なんかなごませて頂いて・・・・お姉さんは頭の回転が速いかただったから
機転をきかせて今の質問ではわかりづらかったかなと言い直したりすると
かえって困惑してしまうMr.Joe

自然体でいい舞台挨拶だったなぁ~~~

監督の映画に込めたメッセージもしっかり承り、映画を見てなるほどーーという感想。
その感想はまた次回詳しく語っちゃいましょう!


にしても、増えたなぁーーー並ぶ人。そして若い!
男の人の数も前より増えてるし、Mr.Joeの最近の人気をつくづく感じるとともに
浮気心を出してる昨今の自分だけれど、おちおちしてられないよなぁーーと
ちょっと危機感(何に?)感じたりして


ということで”ゆれる”の前売りを買って帰ってきました!!!!


Mr. Joe Odagiri's movie schedule

  ☆ ゆれる 

  ☆ パビリオン山椒魚

   
まだ公開は決まってないけど

   
   蟲師も待ってるよ!!!


そして黒澤清監督の映画への出演の噂も・・・・

[PR]

by geyschio | 2006-06-03 00:47 | オダギリジョー

スクラップヘブン   

舞台挨拶に行くことができず涙を呑んだ8日から約1週間
行ってきました映画館。

横浜の関内にある”シネマリン”

地元が神奈川だからすごく気軽に行けて良かったです。往復時間がこんなにラクだなんて(笑)

映画館はとてもこじんまりとしてる映画館ででもまぁそれもまた味があるかなって
感じでよかったです。

周りは商店街風で、なんだかWINNERSの1シーンを思い浮かべてしまいました。

そんな雑踏な賑わいの中にある割には清潔感があって
音響だとか設備だとかそういうものを度外視すれば
このスクラップヘブンという映画で流れる空気の延長で見れるような映画館でした。


まずは映画の感想ですが・・・・

最初に私はこのテツを演じてるMr.オダギリがとっても好きです。
今年見た何本かの彼出演の作品の中では一番に大好きです。

それはテレ東とかでの特集番組を見たときも、スクラップヘブンのフォトブックを買ったときも
いや・・さかのぼれば、FCにて今年のカレンダーを購入した時から
この服装に身を纏ってるMr.オダギリのかっこよさに
どんなキャラなのか知らないうちから群を抜いて惹かれてて

見終わった今もそれは変わらず
この映画の中で見れたいろんな表情がすべて独り占めしたくなるほど大好きです。


でも私には想像力が乏しいからでしょうか・・・・・
あのエンディングにどういう解釈をしたらいいのか答えを欲してしまってます。

たぶん答えは自由なんだと言われてしまえばそれまでなのですが

なぜシンゴはトラックを追いかけないのか・・・良心というものが残っていたからこその
シンゴなのだろうにーートラックの運転手がなんだこれ?って手にとってポンて投げちゃったら・・・・どうなるんだろう?

シンゴが望んではいない現実が待ってるわけだとしたらあまりにも救いがない。シンゴがテツのようになっていくのか、シンゴの良心を残したままでいるのかという前に事件おきちゃうでしょって・・・・・

そんでもってサキはあれをいったいどうしてしまうんだろう??あんなに大量に持って歩いたら
いくら気をつけていたって、なんかのショックで割れちゃうかもよ~~~
そしたら生きていこうと決心したとたんにバーーンかもしれないんだよ・・・・

なぁんて思ったら案外ウミヘビの案が面白くて見たかったかもなんていう無責任な発言をしてみたりして・・・・みんなで海にドッボーーンってそしてウミヘビになって生きていく!?
すごすぎ。

でもこの映画全体に流れてる空気は好き。それはもしかしたら馴染み深い景色がもたらす効果なのかもしれないけれど

テツがお菓子買い捲るシーンでは涙が出そうになった。
シンゴが拳銃を確かめに走り抜けるシーンでは人間の体のしなり方のカッコ良さを感じた。
サキの屋上からポタポタ一滴づつたらしてみるも・・・あれ?みたいなシーンはとても親近感を持てた。
バスジャック犯・斉藤のシーンでは思わず犯人に同情しちゃったし

いろんな場所に人間愛を感じる部分を見つけられる映画だったと思う。

母の敵をうちたい医師にも、
虐待をしながらも愛情はちゃんとあるんだっていう母親にも
テツの言う未来を絶たれた男が父親で・・・
自分は海のものか山のものかわからないような生活を送っている彼が父親を見守っていて

だからこそ・・・あのエンディングが息苦しくさせてるのかもしれない。

テツが泣いているシーンはすごく好きで・・・なのにそのあとのシンゴとサキに方向性がないことに息苦しさをどうしても感じてしまうわけなのです。


やっぱりそれは想像力がないってことなんでしょうかね~~薮田刑事。
[PR]

by geyschio | 2005-10-17 15:43 | オダギリジョー

オダギリ鑑賞DAY   

今日は朝から特に予定がなかったので
ふと・・・見よう見ようと思いつつ詳しくは見れてなかったDVDを
ひっぱりだして午前中浸っていた。

「温泉へ行こう」や「WINNER’S BOOTHの雑魚亭編」
福岡でトークショーをした時、『この世の外へ』の宣伝の為に出演した
「アサデス福岡」とか・・・・

すっごく懐かしく、いろいろとこの頃に会話したお友達の顔とか
話したこととかがリアルに甦ってきて
時間の流れを感じちゃう。

そう、それに画面に映ってるオダギリ氏もやっぱ若いし。

たかだか3~4年前のことなのにすっごく昔みたいな気もするし
昨日のことのようにも思えるし。

ちょっとのつもりが1時間半は見てしまったかなぁ・・・・
お昼を過ぎてて遅めの昼食を食べてた時に
何気に笑っていいともも終わったし何を見ようかなぁと
ケーブルのチャンネルを回していたら
MTVで座って話してるのは・・・もしや??

そうオペレッタ狸御殿の宣伝に来てた
オダギリジョー・・その人だったので
かなり面食らってしまった。

そっか午前中からなんか虫の知らせのように
DVDが見たくなって
そしてこれに繋がるようになってたんだとひとりで納得。

さっきまで見ていた過去のDVDの顔つきとは少し違い
なんだかすっごくお兄さんに見えた。

デジマガの時のようなブラックジョーを発揮する訳でもないし
(って宣伝に来てるのに当たり前かぁ~~)
落ち着いた大人な感じで
それでいてラフな感じも出てて良かった。

なんかこの出来事だけで、今日一日はすっごくニコニコで過ごせそうで
オメデタイやつだと自分で思うけど
そうなんだからしょうがない。

自分が誰かのファンをやるとは思ってもみなかったけど
ファンていうのはとても単純な生き物だわとあらためて実感。

やっぱ目の前にする機会っていうのも絶対不可欠な事なのだとも実感。
7月4日は久々にドキドキできそうだし

ご本人にしてみたら「わからん」とか言われちゃいそうだけど
見られるの嫌いかもしれないけど
そんなファン心理も一応了承して欲しいと願っちゃうわけです。
[PR]

by geyschio | 2005-05-27 15:51 | オダギリジョー

新選組副長助勤   

b0011375_3282342.jpg今ごろこの本にめぐり合い購入してみた。

ほんの2ページほど読んだ所、歴史書かと思っていたら史実を基にしての小説だった。とても読み易い。

この間の新選組!のラストではかなり斎藤さんが前面に出る場面があって意外だった。
先に20時からの放送を見た旦那が、今日のオダギリカッコ良かったよ~~~とほくそえんで、私にものすごーーく期待させる発言。
でもきっと本物のオダギリジョーはあの場面であんなこと言わないだろうなと
まるでオダギリジョーを知り尽くしたかのような言い様。

そして22時からBS2で見始めた、どこにそんな場面があるのかと見れどもそんなのちっとも出てこない、それどころか今回かなり斎藤の出演少ないぞ・・と思っていたら
なんと最後だったのね。

泣かせる場面なのに。。さっきの旦那のセリフ、「オダギリだったらきっとあんなことは
言わないだろう」が響き渡り(笑)
感動が半減してるぞ・・・!どうしてくれるんだぁ。

でも確かに・・・と思ってしまう私も私だぁーー。これは斎藤一だっていうのに。

あと残すところ2回でいよいよ新選組!の放送も終了。
10月に撮影を終えた時にも思ったけれど、
スタジオパークへ何度か足を運んだことも今はほんといい思い出となり
そんな一年も終わろうとしてるんだなぁとしみじみ思ったりして。

私の母方の祖先は会津出身であり、今でも福島に住んでいるわけで
斎藤一さんのお墓は会津にあるということで今度行ってみたいなと
思ったりもしてる。
そういう意味でもオダギリジョーという人をきかっけに
斎藤一という人をもっと知りたいと思った。
[PR]

by geyschio | 2004-12-01 03:56 | オダギリジョー