<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

特に何事もない日々、   

春休みは坦々と過ぎて行ってます。

やりたいこといっぱいあっても、花粉症に怖気づいてる毎日。
ほんとは花壇の整理をしたいとか、
部屋の模様替えをしたいとか・・・思ってるんだけど。

毎日、お昼を食べて午後5時のチャイムが鳴るまで
外で遊び続けるわが子達を見てると
かなり羨ましい~~~。

そんなんで、家の中で裁縫したり、ゲームしたり・・・
今週は見ていたアニメの最終回ラッシュ。
見るビデオには事欠かないし~~~

そうだ!!そんなことしてる時間あるんならメールしろ!!って感じですね。
キャア~~今いろいろ思い出しちゃった。

メールのお返事してない人が3人くらいいる~~~ごめんなさい~~。
今日中にメルします。ホントごめんなさい!

ううう、今BECKのアニメが終わってしまった余韻が強く
そして昨日のサッカー見逃したことがさらに拍車をかけて
腑抜け状態です。

BECKのアルバムCD買うぞ!!
最初リリースされるって聞いたときは、それほど買う意欲が湧かなかったけど
もう見れないんだもんねーー買うっきゃない。

ほんとはBECKの楽曲提供者さん達のライヴも行きたかったんだけどねーー
夜のライヴに行ける環境でもないし・・・・
それにおばちゃんはいないよねーーきっと。

生音聞きたいーーーなんだかスカッとしたいよぉ!
[PR]

by geyschio | 2005-03-31 19:39 | DIARY

映画『リクルート』   

b0011375_191527100.jpg
久々に旦那と二人見て面白かったと意見のあった映画・・・・
『リクルート』

うちは洋画しか見ない偏ってる夫婦だったりするのに、
旦那と私の見たい映画の好みが若干のずれがあったりするもんだから
借りてこようとなると作品を選ぶまでに結構悩む。

このリクルートは、これを借りようと思っていたのではなく
狙いをつけてた作品がことごとくレンタル中だったので
ふと1枚だけ残っていたこのDVDを手にして・・・・
一応内容をサササッと確認して決めたものだった。

まずはキャスティングやあらすじなど・・・・


製作総指揮: ジョナサン・グリックマン/リック・キドニー
製作: ロジャー・バーンバウム/ジェフ・アップル/ゲイリー・バーバー
監督: ロジャー・ドナルドソン
脚本: ロジャー・タウン/カート・ウィマー/ミッチ・グレイザー
撮影監督:スチュアート・ドライバーグ

出演: アル・パチーノ/コリン・ファレル/ブリジット・モイナハン/ガブリエル・マクト/マイク・レルバ/カール・ブルーナー他


アル・パチーノとコリン・ファレルが共演したサスペンスアクション。
エリート学生のジェイムズは、ある日CIAでリクルート活動を担当するバークという男にスカウトされる。
不審な死を遂げた父の謎を解明したいという思いと、スリリングな生活を送りたい気持ちからCIAに入る決意をしたジェイムズ。
晴れて訓練生となったジェイムズだが、彼を待っていたのは友情や愛をも利用する非情な訓練だった。やがて彼に初のミッションが下されるが・・・

過酷な訓練の裏に潜んでいる陰謀に翻弄されながら、見てるこっちも何が本当で何が嘘なのか疑心暗鬼になってしまうという作品。



顔は知っていたけれど、コリン・ファレルの作品を見たのはこれが初めてだった。
なんていい役者なんだろう~~と思ってしまった。

アル・パチーノはあいかわらずに渋く、それでいて暖かく・・・
存在感がビシバシの役者さんで、見ていてしっかり引き込まれてく。

だのに・・・このコリンという人、負けてない。
主人公ジェイムズの目線にしっかりとこちら側を引き込んでくれて
その時その時の心情が伝わってくる。

ベースにある父親の死の謎。謎を解明したいという思いが強いジェイムズは
そのことを出されると自分の意思とは違っていても
逆らえなくなることが、結局はいろいろな起こり来る事柄を避けられなくなる要因。

この映画はしゃべってしまうと見たときにつまらないから
結局はこれ以上何も言えないんだけど・・・・

見てる途中で・・これはテストなんじゃないかとか
いや本当に起こってることなんじゃないかとか・・・・
解らなくなっちゃうんだけど
つまらなくはならないし、嫌気もささない。

最後は救われる気持ちになれたし・・・・・

コリン・ファレルという人が注目されるのもわかるなと思える作品でした。
このあと『アレキサンダー』とかに抜擢されちゃうんだよね。
レンタル開始になったら見てみましょうか・・・でも
オリバー・ストーン監督の映画で前に寝てしまった経験があるんだぁ。
アレキサンダー見た方がいたら感想教えてくださ~~い。
[PR]

by geyschio | 2005-03-28 19:13 | 映画

いつも覗いてくださる皆様に感謝!!!   

今週は結局PC開けられたのが今日!!
そうです~~~今日は金曜日。

おーーーいって感じですが、なんともこんな調子で書いてるブログなのに・・・
ちゃんと覗いてくださってる方々・・・

ほんと申し訳ないです!!!

すっごく毎日書きたいんですよーーお茶碗洗いながらとか・・・
洗濯物干しながらとか・・・
買い物してる時とか・・・ひらめくんです!!

それでメチャクチャ書き込みたいと思ってて、これ終わったらPCのスイッチをとか思ってると、来客があったり(子供の友人は殆ど毎日)とか、子供の習い事の時間になってしまったり

ええい!!!私は何て時間を使うのが下手なんじゃい~~~
とつくづく感じちゃってるわけです。

でもでも絶対にほっぽらかすことはないので・・・・
地味~~~ではあっても続けてます、きっと来年も再来年も・・・

なのでふと思いついたらまた覗いてくださると
とっても嬉しいです!!!

もうすぐHP開設、1周年ということで日頃お世話になってる皆様に
とってもとっても感謝したいのです。
[PR]

by geyschio | 2005-03-25 22:00 | ブログ

眼科に行って・・・   

コンタクトの診断と花粉症の目薬をもらってきた。

そう・・・もう長年の付き合いである花粉症(はや20年か・・・)
鼻の症状は我慢できても目の痒みだけは、ツライ。

そこにもってきてどうしても5日の入学式には着物を着たいから
できればコンタクトにしたくて・・・
眼科を受診してきた。

しかーーし、予想はしていたけどさすがにこの時期の混み様は遥かに予想を上回っていた。

特に土曜日は混むんだとあとで聞かされ3人の子供を家に残してきたのが
ちょっと心配になった。

庭で友達と遊んでいた娘たちは、私達親が車に乗りこんでも
見向きもしなくて・・・長女に面倒をしっかりと見るようにと
言い置いて出かけてきたので。

とても診断も的確で感じのいい眼科なので、混んでいたとしても他にかかる気がしない。
だからひたすら順番が来るのを待った。

でもコンタクトを作るということもあったので、診察をただ待つのではなく
順番を待ってる間に様々な検査をしたので
時間の流れを感じる暇はなかった・・・

途中長くなりそうなので家に電話を入れ、バスで来れば??と言ってみたが
どうやら面倒くささが先に立ち、家で待ってるからと言われてしまった。

なんだかんだで全部終わってみると15時近く。
11時半頃に医者に着いたので・・・かなりびっくり。

夫婦でコンタクト作成して、それぞれに目薬を貰って・・・
本人達はかなり満足だったわけだけど、お昼も食べずに待ってる娘達。

かわいそうに~~~(って言ってることが人事のようだったりして)

家に着くと末っ子は待ちくたびれて寝てた。上二人はゲームをしたり
ビデオ見たりしてなんとか過ごしていたらしい。
これだけ大きくなると、助かるもんだなぁ~~と実感。

コンタクト・・まずは装着テストを3回くらいしてから来院して・・・問題なければ
発注をかけるという、さすがに安全に使ってもらうが眼科にとっては
大原則だから慎重なのだわ。

コンタクト屋さんで作るとその場ですぐ発注になるわけだけど
私の場合、大抵お店の在庫にはない度数なので
メーカーからの取り寄せで1週間くらいはかかってしまう。

そう・・それぐらい視力は悪い。どちらかというと乱視がひどいので
ソフトコンタクトではクリアに見る事は期待できないのだけれど
いろいろと医院側のスタッフさんがメーカーを選択してくれたりして
思った以上の視力を出すことができた。----嬉しい~~~。

しかし、花粉症の症状が出てる今は短時間でもコンタクトの装着がこんなに
シンドイとは。

痒くてもこすれないし・・・・5日は大丈夫かなぁ。
そうそう、そんな花粉症の間なので、ワンデイタイプにしてくれました。

今度オフ会もコンタクトでいこうかな~~~でも目がねをかけてない顔を見ると
なんだか老け込んでて、年相応の顔だよ。

だから皆さん、引かないでねーーー!!
[PR]

by geyschio | 2005-03-20 03:16 | DIARY

卒園式が終わったので   

特に何をするってわけでもなかったけれど・・・・
行事が目白押しで落ち着かない毎日を送っていたので
とりあえず1つ終わったということでちょっと一段落。

卒園式もみんなそれなりの格好をしていくと聞いて
しゃーーない、ちょっとかわい目のスカートでも買うかと行った先は西松屋。

それも前日!!
でも¥900にてかわいいスカートをゲットし大満足。

母のほうはというと、
卒園式には入園式のときに買った服で~~~と思ってたら
クリーニングから帰ってきた服がいつもしまってるとこにはなくて大慌て。

それもやはり前日のこと・・・・まいいかと9号の服を出してきて着てみたら
なんとかいけそう~~~(ホッ)
クラス役員さん達にお疲れ様の花束を渡す役だったのであんまりみっともない格好では
いけないしということで、
なんとか着れて良かった良かった。

当日、うちの次女は式の間はキョロキョロ私を探してみたり・・・・ふざけて
隣の友達からシーーッて言われたり・・・・
もうハラハラで涙どころではなかった。

担任の先生達が卒園証書を渡される園児一人一人にコメントをつけて名前を呼んでいる時に
涙声になっているというのに・・・
なんだか申し訳ないぞ。

ところが、すべで式も終わり教室で最後の先生とのお話も済ませ
もう一度年長さんと保護者と先生方だけで集まった時に
なんだよーーーうちの娘泣いてるし。

喧嘩でもしたのかと思ったら・・・先生とサヨナラが悲しいと
言いはじめ泣いていた。予想はしてたけどーーー
母は泣いてないのにっていうか泣けない状況を君が作ったのに
ずるいじゃん・・・とちょびっと思いながら
大丈夫小学校は隣だからと言っても泣き出した娘はもう止まらない。

先生に一人一人が花を渡し始めると、もう先生方は号泣・・・・・
そんな中私は泣いてる娘を慰め、先生にティッシュを渡して
もっとゆっくり先生と話したかったけれど
そんな状況だから帰って来てしまった。

もう幼稚園を出る頃には娘もお友達と遊び始めてケロッとしてて
ほんとに感情の起伏が激しい娘だから
小学校に行ってからが心配だな~~と思ってしまった。

あとは5日に入学式、8日に末っ子の入園式と・・・そしたらHPのほうも
もうちょっとコンスタントに書けるようになると思うのだけど。

PC開くとほんとに何時間でも過ごせてしまって、家事がかなりあっちのほうへ
置きやられてしまって・・・・
なので今極力PCを開けないようにしてる毎日。

もうすぐHP開設してから1年が経とうとしてて、でもそのまんまになってるとこや
いろいろ見直しをしたいので、4月になってひとりの時間が増えたら
ちょこちょこと地道に直していきたいなぁーー、あともうちょっとだ。
[PR]

by geyschio | 2005-03-18 11:40 | 家族の話

イベント行って来たよ!!   

横浜パシフィコへ昨日行ってきました。

家出るときは暖かかったのに・・・横浜着く頃に肌寒くなってきて。
上着を持って出てこなかったのでちょっと失敗したなぁと思いつつ
クィーンズスクエアを抜け会場へ向かう道すがら、どう見てもあのイベントに行くんでしょ
っていう軍団があちらこちらに。
そしてダフ屋のおじさん達もたーくさん。その中にかっこいいおにいちゃんもいたりして
ちょっと目を引いた。

そして正面玄関に着くと”コスプレ更衣室はこちら”なる文字。
やっぱそう来るのかーーーと苦笑い気味な私。

そして正面玄関の周りにはびっしりとコスプレしたお姉さん達が
チケット売って下さいの紙を持って、これまた凄い人数並んでいた。

そう・・・当日券の販売が一切今回はなかったらしい。なので
物見遊山で来て見た私はちょっと申し訳ない気持ちで通り過ぎ玄関をくぐった。
そこにはむせ返るほどの人・人・人。そして9割は女性。

すでにパンフは完売、開場30分前では遅かったか!!!
しかたなしにペンライト(これは必需品らしい)を購入して、
グッズはあまりの人だかりで見る元気もなくちょっとおしゃれなカフェにも立ち寄りたかったけど、子連れで割り込む勇気もなかったのでそのまま席へと行くことにした。

前から15番目の列とはいえ、かなり端っこ、でもまぁ贅沢は言えない。

イベントの詳しい内容はもうひとつのブログのほうで話すとして・・・・

最初から総立ちだとは予想だにしてなかったので、ちょっと面くらったかなぁーー。
・・・そして煌びやかだった。
声優さん達が最初に総勢で登場するわけだから仕方がないんだけど、5000人の観客の
ものすごい黄色い声に圧倒させられちゃった、やっぱ私はもうおばちゃんの域だわ。

そうコーエイが主催するゲームソフトから飛び出した、そして今ではアニメでも放映されている
『遥かなる時空の中で』の声優さん達がそれも今回は八葉全員揃い踏みという回(3月13日の昼夜公演のみ)の遥か祭り2005に行って来たという訳。

いやぁ~~~楽しかったけど、やっぱ入り込めなかった自分もちょっと寂しかったなぁ。
後ろの席のお姉さん方のヒートアップぶりには、羨ましさを感じるくらいだったし
それとちょっと耳が痛くて我に返ってしまうっていうのもあったかなぁ~~~ヘヘヘ。

でもしっかりとペンライトふりまくってはきたよ~~途中娘は寝てた。
あまりの煩さにうんざりしちゃったとかで、やっぱ6歳にはまだ無理だよね。
子供はうちだけだったみたい~~~でも男性が一人で来てたりとか
複数で来てる男性のファンも案外見かけたし、声優さん達の素の部分が見れるっていうのは
それはそれで楽しかったので、お祭り気分は味わってきたって感じかな。

帰りはご一緒してくれたぽやさんとお茶して(初対面なのにとっても和やかにお話できて嬉しかったです)・・・でもあの会場から5000人の何割かがクィーンズスクエアに流れ込んできて、
どこもかしこも満杯状態で(トイレもカフェも)他のお客さんが今日はどうしちゃったの??なんて声も聞いた。

家で待ってる家族にスヌーピーショップでお土産を買って、上着を持ってきてない娘の為に
ランドマークのGAPでカーディガンを買い、そんな楽しみも味わいながら帰路についた。
なーーんと19時半をまわっていた!!いったい会場から出てきたのは何時だったんだろう?夜の部でさえもう終わるんじゃないかと思える時間で、これまた凄い人数がながれ込んでこないうちに帰らなきゃとあわててみなとみらい線に乗った私達親子だったのでした。
[PR]

by geyschio | 2005-03-14 20:46 | その他

鈴木隆行ファンです   

今更言わなくてもご存知なんでしょうがーーー

もうまじ毎日のように書きたいこと思いつくんだけど、時間が取れなくて。
やっぱあとになってしまうと気持ちも半減してる気がして
書き込む気力がなくなってしまう今日この頃。

私って案外ミーハー根性があったんだなぁと思う昨今な訳で、
なんと先週サッカーマガジンを買ってしまった。

だって表紙が鈴木くんで、尚且つ鈴木隆行特集なんだもん~~~

日ごろ何で鈴木君は世間的に置いてかれているんだろうみたいな感覚があったので
めちゃんこ嬉しくなっちゃって。

でもねーーー最初に辛口なこと言っちゃうと
今年に入っての鈴木くんはどーーなの??ってちょっと不満に思ってるファンなのでした。
鹿島の試合を全部見てるわけではないので偉そうなことは言えないんだけど・・・・

鈴木くんのことすっごく目を引いたのは、前W杯の予選のとき。
稲本くんが注目される中、なんだかそれよりも気になったのは鈴木くんだった、
最後まで諦めない姿勢とか、ふとしたチャンスを逃さないとか・・・・

今までFWの選手でいいなって思った人がいなかったのに、なんだかバビューンって
気になる選手になってしまった。
でもーーその後日本での活躍がしばし見れなくなって寂しいなぁ~~って思ってたら
いつのまにか鹿島に戻ってくれてた。

でも・・・鈴木君が全日本のスタメンに必ずしも入ってなかったりと
ヒヤヒヤしてた時期もあったけど、
ふとしたチャンスから出番になり、あのものすごい運動量を見せてくれて、
やっぱいいよ!!と再認識した。
ジーコ監督もそんな鈴木くんをかってるみたいで嬉しい。

でもなんだか私が期待しすぎちゃうのもあるんだろうけど、ここの所の試合・・・・
ボールを諦めちゃうときがあるんだよね~~~
なんだかちょっと残念、ってか十分動いてくれてるんだけど
絶対ボールを自分のものに!!みたいな闘志が感じられないっちゅうか。

ごめんなさーーい、ファンだからこそ寂しく思いこんな発言してしまって。
でもずうっと応援してく気持ちは変わらないんだぁ。

マリノスファン返上してアントラーズファンになったばかりなので、これからもっといろいろ
試合を見るぞ!!!
今度のイラン戦~~~~ヨロシクなのだぁ。

MF達はいったい誰になるの??ってその辺もすっごく気になるところだけど。
[PR]

by geyschio | 2005-03-14 20:08 | サッカー

FREEをご存知??   

FREEの認識度はどのくらいなんだろう???
昨日J-waveで”FREE”特集を組んでいたので
すっごく面食らった。
普段RADIOなど聞かないのだけど、車に乗っていたのでたまたま聞くことができた。

最初、あれ??この曲っ聞き覚えがあるけど、これって
FREEじゃなかったっけ?と思いつつも自信なく。
曲が終わったあとのMCの方が「今夜はFREE特集です」という一言に
ちょっと興奮した。

例えば、私達の世代ではなくても・・・バンド志向の人たちは
ディープパープルやレッドツェッペリンを聞いたことがない人はいないだろうと思う。

70年代の音楽が私もリアルタイムなわけではありませーーん!!が
でも好きなんで・・・しょうがないよね。
それよりもまた更にちょっとさかのぼる感がある・・・”FREE”

実はメンバー構成とかあんまり詳しくなかったりする私、
でもそんなことより、いいのですよーー”FREE”
ブルースロックというジャンルな感じで、夏の海辺を走るときやら
ウエストコーストの風が吹いてくるような感覚に陥って
浮かぶのはハーレーのカットマフラーの音。
でもFREEはイギリスのバンドなんだけどねーーー

インギィーやらスコーピオンズやらのメタルも好きだけど
たぶん私にとって心地いいのはこういう60年代をひきづりつつある
それでいてちゃんとした楽器の音も際立つようなバンド・・・・

そういう意味で私にとっての1番はZEPPELINな訳なんだけど

こんな出来事に触発されて、押入れにしまいこんでいた膨大なカセットテープを
引っ張り出してきた。
なのに・・・FREEのテープがないよ~~~

お気に入りのバンドでありながら当時のアルバムも今のCDも持っていないのが
このFREEとT.N.T.(ちょっと年代が違いすぎだけど・・・・)
あれ?もしかして実は私の好きなバンドってヨーロッパ系???

しかたがないので、ライジングホースとかマイケルシェンカーとか聞いちゃって
(ってFREEとはタイプ違うじゃん)
一瞬にしてその頃にフラッシュバック、うーーんなんて懐かしい。

もうたぶん夢中になって聞いてた頃から
10年以上経ってしまったというのに、一瞬にして当時のいろんな
思いまで蘇えってくるから音楽って不思議だなぁーーー。

やっぱ音楽はいい・・・・の一言。
[PR]

by geyschio | 2005-03-08 03:13 | 音楽

崖っぷち公演第弐弾「楽園の面積」   

日曜日に行って参りました~~~。
楽日のそれも最終公演ということもあって、客席はパンパン。
女性が多いのかなぁと思いきや、男性のお客さんもたくさんいて・・・
半々くらいだったかもしれない。
酸欠になりそうなくらい(実際は全然平気だった←当たり前)の人数で
演技側との距離も全然なくて・・・とっても楽しかった。

まずは声をかけてくれたみっぽんさんに感謝!!
なんせ最近かなり情報に疎くなっていて、お誘いがなかったら全然知らないで
終わっていたと思うので。(ちゃんとHPをチェックしてないのがバレバレ)

お芝居って今まで見たいみたいと思いながらもなかなかだったけれど
”崖っぷち”の公演ということも手伝って行く気になりほんと良かった。

と前置きはこのくらいにして・・・・公演の内容に少しばかり触れると


 ◆出演者紹介◆
     ヒ カ ル:山田 浩                関口 :奥本 東五    
    桜井 & 母:穐葉 恭子              御手洗:川嶋 秀明
   柏木恵一郎:五辻 真吾              奈緒美:はなこ
     (e s)  :鈴木 信二              奥田 :石川 裕一        
     父    :前川 正行             ロージー:結城 貴史

「崖っぷち」HP

最初「楽園の面積」なんていうタイトルだから
なんか小難しそうなのかなぁ~~~とちょこっと身構えていた。
初めてのお芝居ということもあり・・・難解なお話だったらハッキリ言って辛いなぁと。

そして始まるとともに、「ウギャー」みたいな叫び声。
いよいよこれは苦手なジャンルかもしれないと・・・心の中で「ヒョエー」と思っていた。
そして何より驚いたのは、自分のわずか1メートル内にその恵一郎役の
五辻さんがいるというぬくもりというか・・・・

ふっとそのわずか何センチの先は、この見てる自分達とは違う
お芝居の世界の空間になってしまう驚き。

場面はその恵一郎の家族の場面へ。知的障害者の弟、ヒカル。そしてそんな二人に優しく接する母。世間体だけを気にして暴力で家族をしばる父。

この場面を見たときに、独身であろうはずの母役、穐葉 恭子さんが本当の二人のおかあさんみたく見えてしまった。そしてヒカル役の山田くん!!凄いよーーー
最初山田くんだってわからなかったくらいだもの。
WINNER’Sの山田くんや『舌』スペシャルでみんなと話してる山田くんしか知らなかったので
やっぱ役者なんだぁーーとまざまざと見せ付けらたという感じです。

お話は恵一郎が大人になって劇作家を目指しながら彼女(奈緒美)と生活をしている所へ飛ぶ。
彼女は彼がふと自分を失ってしまう時があったりすることを気にして、医者に相談したりしていた。
そんな時に恵一郎は友人(関口)から紹介されたテレビ関係者(奥田)から、ドラマの脚本を数日であげなきゃいけない仕事を頼まれる。
無理だと言っても友人はこういうチャンスを逃しては駄目だと引き受けてしまう。

あらすじを書きたくても自分だけに聞こえてくる騒音に悩まされる恵一郎は、ホテルに篭ることにした。そう・・彼は幼児期の体験やその後の体験から統合失調症になっていた。

期限は迫っても何も書けず・・・そんな中今日死んでしまうんだと生きてることの悲しさを訴えるホテルの隣人(ロージー)だったり、ルームサービスと言ってやってきた男性に翻弄されていく恵一郎。

結局その日になっても出来上がらずに報告すると、自分ではなく自分を紹介してくれた友人や担当を任された桜井さんが怒られ、ジリジリと責められる恵一郎。
必ず明日までにあらすじを仕上げると約束して帰るも・・・やはりどうにもならない。

そんな時にまた現れたルームサービスの男、それは自分が辛い時に作り出していたもう一人の自分だった。彼(es)は恵一郎に辛い過去を思い出すいろいろなことを話し出す。
そして・・・・


最後に出てくる母やらヒカルやらのセリフに・・・・客席はもうすっかり舞台の中に入り込んで。
自然に涙が流れてきてしまう状態、でもそれは悲しい涙ではないのでとても心地よく・・・

拍手にも気持ちがしっかり入り込んでましたよーーー。

終わって出口まで出演者の皆さんが並んでくれてて、あーいう時に気の利いた言葉が
言えたらいいのにとつくづく思ってしまった。
でも何かトンチンカンなことを言いそうでそのまま外に出てみると、
主な出演者のメンバーが寒い中見に来ていた知り合いの人達とお話してたので
ステキな時間を過ごせたお礼をしなければと思い、思い切って握手をお願いした。

結城さんがすぐそばにいたので、とても楽しかったですと言って握手をしてもらった。
そして前川さん・・・・お父さん怖かったですよーーと素直な感想を述べ握手をしてもらった。
最後に山田くん、(すいません山田さんと言うべき?)
最初わからなかったんですよーーとてもいいお芝居でしたと握手してもらった。

皆さんとてもにこやかに握手に応じて頂いてほんと感激です!!
次の公演まで暫く間があいてしまうかもと聞いたんですけど、ぜひぜひまた見に行かせて頂きたいので・・・心待ちにして待っておきます!!
[PR]

by geyschio | 2005-03-02 11:59 | その他