<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

久々にチェンジ!!   

もうひとつのブログはチョコチョコとデザイン変えすぎなくらいなのに
こちらはかなり放っておいたです。

ということでスキン変更とライフログ変更してみました。


今欲しいものいっぱいありすぎ!!何を買って何を諦めるか(または先延ばしにするか検討してもなかなか決まらないよ~~~~

ゲームソフトは何でこんなにお高いのか、とりあえず予約をするか、値が落ちるまで待つか・・・・・

とりあえず今月、『キングダムハーツⅡ』を購入するからこれが¥7.770(予約したのでもうちょっと安いけど)

そして来年早々に発売になる『ダージュ オブ ケルベロス』が¥8.190。以上2点は言わずと知れたスクエニ(SQUARE ENIX)のソフト。

だから値段が多少高くても、内容にきっと満足できるであとうと思われるのでやっぱり買うんだと思う。

そして2月に発売になる『マイネリーベ 2(ツヴァイ)』はコナミから発売される恋愛アドベンチャーゲーム。
こちらはどうしても押さえておきたい美しいキャラの関智一氏・・・・・内容はそのあと。

これが¥6.280(定価)

はぁ~~~

そして『メゾンドヒミコ』と『スクラップヘブン』のDVDは絶対購入しようと思っているのでどんだけやりくりしなくちゃいけないんだろう。
バイト代ーーーこれで消えるのか!?

この二つの映画は(夢の中へも捨てがたいんだけど)、絶対見なきゃって訳ではないだろうけど・・・一回は見るべき!!っていう作品だと思う。

Mr.オダギリは横浜映画祭にて最優秀男優賞を受賞し
4作品(オペレッタ狸御殿、メゾン・ド・ヒミコ、SHINOBI、スクラップヘブン)からの受賞ということで、嬉しさを隠せないです。


賞が全てではないけれど、映画を作ってる人たち、裏方の人たち、キャストの皆様、
いろんな人の思いがいろんな形で多くの人の目に触れる瞬間は絶対必要だと思う。

私もジョーファンになってなかったら、きっと邦画をこんなに頻繁に見ることにはならなかっただろうし。


ということで、稼いでも稼いでも使い道がすぐに決まってしまう私の給料なのでしたぁ~~~
[PR]

by geyschio | 2005-12-19 14:11 | ブログ

三連チャンで投稿だよ~~   

幼稚園が午前中になったため、午後は出かけることもなくちょっと気持ちに余裕があるのかな。

昨日初めてメロンパンなど作ってみたけれど・・・・いい出来とは言えなかった。
味はそれなりにおいしく出来たけど
オーブンの調子が悪くて予熱がちゃんとできないので、設定時間では焼けきれなくて
延長して焼いているうちにちょっと硬くなってしまった。

家で食べるのでまぁいっかってことで~~~

写真貼りましょか?(笑)

明日は末っ子の発表会・・・一生懸命練習してるのが伝わってきてるので見に行くのが楽しみ。

上の子たちの時はそんなに本番大丈夫かなとか思わなかったけど(性格的に)
末っ子は固まるタイプなのでちょっと心配。

人前で何かをするのが嫌いというか、上手にやらなきゃと思いすぎる傾向が・・・・・

三人の娘ーーーほんとにそれぞれの性格が違ってて面白いなぁと思う。


そうそう練習といえば・・・・見に行きたいお芝居があって、
いろんなお芝居を見てるわけでもないので場慣れしてないから、
なんとなく一人で行くのは勇気がいるなぁ~~と

それに楽日を狙っているので、やっぱどなたかに付き合ってもらおうとお声をかけたところ違うお芝居の情報を頂いて・・・・

おっとまずいまずい最近ちっともチェックしてなかったなぁ~~と急いで崖っぷちを検索して確認!!

詳しくはジョーBBSのほうにURL貼っておきましたが、なんと私の見に行こうとしてるヘロQのお芝居と同じ場所で日程も1週間違うだけ・・・・

どうしよう~~~崖っぷちも見に行きたい、だけど2回連続で日曜日とか出かけられないだろうな、自分のしたいことばかりにお金かける訳にもいかないし、お子様の面倒はいったい誰が見るんだと言われちゃうだろうし・・・・・

前回第二回公演の崖っぷちの芝居、良かったなぁ~~

BUT,関智さん率いるヘロヘロQカンパニーを逃すこともできない。


それでなくても12月のネオロマを見送ったのだぁーーーはぁ~~~~ため息。(まずい恋煩いモードに入ってるかも)

歌聴きたかったなぁ・・・・

ラジオ聞いて、ドラマCD買って、歌のCDも買って、アニメもなるべくチェックして、関さん出演というだけでゲームソフトも買って
でもやっぱり本人を目の前に出来るのはネオロマのようなライヴと今回のようなお芝居だけだからと思うし。

子どもの話題と自分の恋煩いの話題・・・・今日はなんてまとまりのつかない投稿なんだろう。
[PR]

by geyschio | 2005-12-16 11:20 | 家族の話

「不死鳥の騎士団」を読んで   

b0011375_15223046.jpg


前回話しをした通り、第四巻「炎のゴブレット」を読んで感覚がハリーポッターの世界の中に残っている間に・・・・と引き続き第五巻「不死鳥の騎士団」を読みました。


先日、炎のゴブレットを読んだとき、あまりにしばらくハリーの世界から遠のいていた為、
あの世界の中に自分を置くことがなかなかできず読んでいても眠くなったりして進みが悪かったので

今度はその四巻の気持ちを引き継いだまま五巻に突入してみると、スルスルっとホグワーツに早く行きたいハリーの気持ちや、
ダンブルドアがなぜハリーをいつものように暖かく見守ってくれないのか・・・とか

あっという間にハリーの気持ちになることができて、ダンブルドアを憎たらしいと思ってみたりしたわけです。

でも今回はそれ故に最後下巻を読み終わったときの衝撃があまりに大きすぎて・・・・・

しばらく立ち直れなかったくらいです。
何でここでこういう展開にするのかとか作者を恨めしく思ったり、
ハリーの気持ちと同化してしまったゆえにハリーの孤独な気持ちが自分のことのように思えて、2~3日ため息ばかりついてました。

あとがきを読んで、作者であるJ,K.ローリングさんも扉のあたりを書き終えた時にはキッチンで泣いてしまい暫く出てくることが出来なかったって書いてあって・・・・・

そっかそうまでしてもあの部分は必要なところだったのだなぁと私も無理に自分を納得させたりしてなんとか立ち直ったしだいです。

第三巻でシリウス・ブラックが登場した時に「そういう日が来たら一緒に住もう」って
ハリーに言った時から、シリウスという存在があってくれてホントに良かったと感じてたし

普段、魔法のことを絶対口には出してはダメで、尚且つ虐げられてるダーズリー一家での
苦難の日々もシリウスが登場したことで救われた気がしてたから・・・・・

下巻の最後のほうで、
早合点のせいで失ってしまったものへの大きさに耐え切れなくなっているハリーに
ダンブルドアがそれは全部私の老いがさせてしまったせいでハリーのせいではないと言っている場面がありましたが

ダンブルドアのせいだとは思わないけれど、やはりハリーに少しは話しておけば防げたことなのではと思わずにいられなくて・・・・なんだか悔しくて


ということでドップリとハリーポッターの世界に浸りきっておりました。


残すところハリーポッターも2話となりました。
ラスト7年目の構想はすでに金庫にしまってあるらしいですが、とにかく四巻のあたりから今まで登場してきた人物との関わりやら、様々な横線があって
なるほどーーここのことがこれに結びつくのかとか感心せざるを得ず、
とにかく細かい部分までよく練ってあるなぁと思います。

だからいくら構想ができあがっていたとしても、書いているうちにいやこれじゃー駄目だとか、こうしたほうがいいだろうとか、想像もつかないほどの苦労があるんだろうなぁと思えて・・・・・

凄いなぁと感心するのみ。

次巻「混血のプリンス」(仮題)も予約が始まりました。出たらすぐに読みたい・・・・でも結構高いし、図書館では予約待ちしなきゃだし、悩みちゅうです。

少し時期をずらせば、今回五巻の「不死鳥に騎士団」みたいにマーケットプレイスにて若干安く買えたりするんでしょうが。でもやはり余韻が残っているうちに読みたいなと思うから。
[PR]

by geyschio | 2005-12-15 16:05 | 読んだ本

落ちていましたが・・・・   

ここもほったらかしで・・・・仕事は短時間でそんなにハードではないんですが、学校の役員としての業務、それと家の中の仕事をしたりしてると昼間はPC殆ど開けられず・・・

夜は家人にPC占領されてとなるとほんとに何週間も落ちてましたねぇ。

それに加えてハリーポッター漬けだったので一気に5巻まで読みきっちゃいましたさ、のちほどその感想は書くとして。

いやぁ~~~今日は早朝に友人からメール頂きまして・・・・いつもお世話になりっぱなしで
申し訳ないです。ほんとに助けていただいております。

言わずと知れたスポーツ報知情報。

なんとなぁーーくそんな予感はあったものの、ちょいと寂しい訳です。まぁしかしこればかりはしょうがないっすね。

そもそも俳優っていう仕事は男にしても女にしても、いろんなタイプの人に出会う機会が多いじゃないですか~~~

もし自分が俳優してたら、絶対いろんな人に惹かれてしまうんだろうと思ったことがあって、
好きとかそういう感情ではなく
自分をしっかり持っていたり何かに秀でていたりする人たちの集まりだから、
魅力を感じる人いっぱいで一人の人と長く付き合うことができるだろうか・・・・と思ったら
たぶん私は無理だと思うわけなんですよーーー


そんな中で何年も付き合っていられるってだけで私的には尊敬かなぁ~~~

でも何でもタイミングってあると思うわけで、普通のOLしてたこんな私でさえも(いやOLのほかにもバンドしてたり横線いっぱい持ってたけど)恋多き人生だったかもしれないなぁーーと振り返れば。

だけど今はこうして家族を持って母親業をしててっていう絵図等があるわけなので、
これもふと結婚してもいいかなって思った時期があったからこそこうなってるわけですね~~~~

今回は二人の出会うタイミングが悪かったのでしょうねーーー残念だなぁ。

ファンのくせに破局を悲しむのかとお思いでしょうが、ファンのくせに思うんです。

だってMr.オダギリが大好きだから・・・・・
[PR]

by geyschio | 2005-12-14 15:31 | DIARY