<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

ウォーーイ   


到着したフルーツバスケットのコミック15冊を
一気に読み干してしまいました。

あとはBOOK OFFに行って続きを買わねば・・・・

ちゃんとアニメで見ていたりして、ストーリーは知ってるのに
一巻一巻ごとに泣いてる自分がいて
参っちゃいます

登場人物の夾くんはめちゃくちゃタイプなやつなところにもってきて
CVしてたのは関さんなので

コミック読みながらもあの声でセリフが入ってくる訳ですよ
そうなると尚更思い入れが強くなり
ホロホロと涙が出てきちゃって。

しかし、彩雲国のネットラジオを昨日聴いてたりして
あまりのちいち本人のラフさに
爆笑しながら(森川さんご来場の回だったので特に・・・)

なんとかしてくれ~~~このギャップとか思いながら
益々関智一に傾倒していっちゃってるんです。

そんな関さんが
のだめカンタービレの一月開始のアニメで
千秋真一役と聞き

のだめは内容には興味あるものの
あまりにあちこちで名前を聞くもんだから
反抗心が出てしまって読んでないし、ドラマも見てないし

1月からのアニメは必然的に見なくちゃということになりました。

彩雲国も一度終わってしまうみたいだし
ワンピのルッチ(今わたしの一番のお気に入りキャラ)はそろそろ
本領発揮な気配はするものの
ルフィに倒されてしまったらもうお声は聞けないし
NANAもこの先そんなにノブはそんなに登場しないし
のだめが始まって
次々と関さんの声が聞ける環境に感謝なのです。
[PR]

by geyschio | 2006-11-28 15:54 | DIARY

ヘロヘロQカンパニー第16回公演    


SYU-RA 煉 
生キルカヌカ

に昨日行って来ました。楽日の13時からの公演です。


ホントは最後の最後、17時からのチケットも取る予定だったけれど
どうしても用事があって頑張れなかったので
今回は1回限りの観劇です。

SYU-RAはヘロQにとっては三年ぶりの2回目の演目だそうで
内容はまた新たなものらしく

私自身は初めて見る作品だったので
まず最初のセリフが始まって、そのあと舞台の宙に音楽とともに
仕留屋のメンバーの顔がUPで映し出され・・・

よーーく見ると薄地の幕というか布がまだあって
そこに映し出されていたんだぁーと納得。
ロケもしてセットの中での撮影とかもしてきてるぅとビックリでした。

ストーリーをおおまかに説明すると

仕置屋のおきぬは誰も引き受けようとしなかった仕事を
100両という金額に魅了され引き受ける。
そしてメンバーを連れて小田原までやってくる。

つじ斬りをして、世間を困らせているという中垣範五郎(野島健児くん)という人物を
仕置するべく待ち伏せしていたところに
おまり(桑島法子ちゃん)という女性が野党にからまれながら現れた。
助けようと思っても仕置屋は仕事の現場を見られてはいけない
躊躇しているとふっと腕の達つ侍(大塚明夫さん)がやってきて
野党を無残なまでに斬る。

そしてそのおまりという女性までも手にかける勢いにとうとう仕置屋の竜次(関智一さん)や
清十郎(小西克幸さん)らが阻止するため飛び出す。

しかしとんでもない程の腕の持ち主。苦戦しているとそこに人の気配がして
侍が消えその場は終わった。そして倒れているおまりを見つけ
仕置屋たちを疑うも、気が付いたおまりから助けてもらったことを聞かされ
宿が決まってないならばうちへ泊まってくれと申し出る。

そしてその人のいい人物が実は探していた中垣範五郎だった。

中垣の屋敷に行ってみるとたくさんの農民たちから好かれている範五郎の姿を目にし
そしてそこには平次(中 博史さん)と呼ばれる男がいて
よくみるとそれは死んだと聞かされていた昔の仲間で
竜次が一人前になるべく育ててくれた人物だった。

その平次が範五郎がターゲットだと知って、あんないい人が依頼されるのは
おかしいと言い、おきぬは再度この話の裏をあたることにした。

調べてみるとそこには薩長と幕府の対立が大きく関わっていることが判り
政(まつりごと)に携わるある筋からの依頼であることがわかった。
仕置屋のおきぬはそんな依頼はチャラにするとお金を返すのだか・・・・・・・・・・・



客演の皆様が一人一人光っていて
いい舞台でした。

要所要所に笑いを我慢できない部分があるし
シリアスな場面では思わず息を呑んじゃうし
仕置屋という言わばシンプルでわかりやすいテーマ
どうやって膨らましていくのかなぁーーと行く前から期待してました。

舞台は小田原っていうところが自分には身近だったことにまず喜び
(小田原の国境に住んでますからね~~~)
関さんの髪型がやけに好みだったことにトキメキ
あいかわらず美樹ちゃんは舞台に立つ姿が映えるなぁーーと感動し
小西さんの役柄のボケっぷりに笑い

範五郎さんやおまりさんが無念を抱いて死んでいく場面は
なかなか入り込みました。

そして大塚さんの侍姿(林八郎)は背丈がすらっとしてて
太刀裁きもなかなかのものです。

あそこまでタイミングよく出来るようになるには
みなさんどれだけの練習を重ねたのでしょうねーーー
それぞれが忙しいだろうに、舞台への思いが伝わってきました。

個人的には那珂村タカコちゃんが好きなので、途中であれ??この人
怪しい役柄ということに気付きました。

今回は最後まで涙が出ることはなかったけれど、終わったあとで
美樹ちゃんのお父さんの訃報を目にして涙が出ました。
そしてあまりの長蛇の列で次の公演時間まで時間もなさそうで
いつまでもいるのは悪いかなぁーーと
並ぶのを諦めパンフレットを買ってこなかったことを後悔しました。

アンケートもいっぱい書きたかった。

とにかくヘロQの劇団の皆様~~~アクションクラブの皆様
客演の皆様   お疲れ様でした!

楽しかったです、2時間半はあっという間でした
次の公演もチケットゲットに頑張ります!
[PR]

by geyschio | 2006-11-27 17:32 | chiichi

頼んじゃった~~~   

どうしよう、どうしようと考えてて
本日なんとなーーく買おうって思ってアマゾンに頼んじゃった。

ハリーポッターの新しいやつ 上下  マーケットプレイスにて。

もう少し待てたらもっと安く手に入れることが出来るのに・・・
めちゃくちゃ読みたくて・・・・

それと漫画の単行本のセット販売のほうもそろそろ買っておきたいなぁーーっていうのもあって

まとめてドドドドーーーン。ちょっと早い自分へのX’mas プレゼントっていうことで(と自分に言い訳してみる~~~)

漫画の単行本のタイトルは”フルーツバスケット”

とうとう今月の花とゆめで最終回です。
今日、本屋さんの前で立ち読みしたいのをこらえた!

それを考えると来月あたり22巻が出るんだろうなぁーーと思って
それまでに持ってない巻を揃えたい。

1巻~15巻までのセット販売だったから
16、17,18はブックオフに行かなきゃ。

あとBECKの28巻も発売になってたーーーー
全巻揃えたくて購入し続けてるのはBECKと最遊記と07GHOST。

お金節約しなきゃだから、本日2回目の我慢。
BECKに一瞬手が伸びそうだった。


ここのところPC毎日やってるのに、
MIXIやGYAOやらに没頭してしまって・・・・
ここまで没頭するとは想像してなかったので自分でもびっくり(;^^A
もうちょっと更新、しっかりしたいと思いまーーす!!
[PR]

by geyschio | 2006-11-22 18:32 | DIARY

紅玉   

娘が学校よりもらってきた本紹介の中にこの本があった。

紹介文を読んでどうしても読みたくて娘に借りてきてもらった。

b0011375_15263256.jpg



内容としては
戦後間もない林檎農家が舞台。

兵隊から戻ってきてまた林檎を作れる時代がやってきたことを喜び収穫の日を待ち望んでいるお父さん。

ところが収穫間もないある日その林檎林が数人の人たちに襲われ乱獲されてしまう。

盗って行った人たちはそこから近い炭鉱で働かされている、中国や朝鮮から連れてこられた労働者たち。

彼らはちゃんとした食事も与えられず、何人もの人達が死んでいっているのを知っているお父さんは、見てみぬふりをしようとは思うんだけれど勝手に林檎畑のほうへ足が進んで・・・



というお話。
高学年向けだったのでもっと長いお話かと思っていたのだけれど
絵本のような感覚で読む本だった。

でもその短い文の中に真実があって(これは作者のお父さんが体験したこととの事)
熱く胸をうたれた。

日本人は昔、中国や朝鮮の人たちに対してどういう扱いをしていたのか
私たち世代は教えられてこなかった。

自分が住んでいる地域には朝鮮の小学校や中学校、大学もあるようなところだったので
普通にバスや街中で見かけ、特に隔たりを感じることもなく
またアメリカ軍のベースもあったりもしたので
自分の中では同じように外国の人々が暮らしてるくらいにしか思っていなかった。

でも違ったんだということを大人になってから知った。

アメリカの人たちと朝鮮の人たちとでは、こちら側日本人が抱いてる意識が違うんだってこと。

そしてまたこの本を読んで
傲慢な日本人の非人道的な歴史を知ることもできた。

だけど、この本は暖かい・・・読み終わったあとにたった何行かの本なのに
涙が溢れてきた。

そしてなおさら、人間として暖かい民族になりたいと思った。
[PR]

by GEYSCHIO | 2006-11-14 16:03 | 読んだ本

WEBラジオ 『彩雲国物語~双剣の舞~』   

1回目の放送を聴いてから、なかなか開かないでいたら
もう3回目まで放送されてて

9日にはまた更新とあって、あわてて2回目を昨日聞いた。

双剣の舞 WEBラジオ


身をよじって笑い続けた... .... ....何をバカ笑いしてるんだと
子どもがびっくりして様子を見に来るくらいに笑い続けてた~~~

こんなに大笑いしたのは久しぶり。ちいちと緑川さんに感謝!!!!!!!

劇中、幼少の頃の劉輝を真面目にやってるであろう関さん
(あまり”ちいち”と呼ぶのも知り合いでもないのでたまには関さんと・・・・)
に立ち向かう緑川さんだけど
あまりの可笑しさにペースを乱されるところが気の毒でおかしい。

緑川さんの生真面目さを物語ってるなぁと思いつつも笑いが止まらない。
関さんのセリフが自分の笑い声で聞こえないよーーすっごくインパクトあるのに。
今思い出すだけでもニタついちゃう、
確かに岡野さんにバトンタッチさせた
監督さんに納得!!!

これから3回目放送分を聴こうと思ってて、ゲストに法子ちゃんが来てるから
ちゃんと彩雲国のストーリーを把握してるメンバーとして
二人を叱咤激励するべく呼ばれたんだろうなぁ~~~と。

やっぱお腹かかえて笑うっていうのも大事だよーー体力消耗するけどね!
[PR]

by geyschio | 2006-11-08 10:21 | chiichi

買ってもらっちゃった!   

ハロウィンの時、近所のバレエの先生のお宅から

ピンクでかわい~~い子供用のチュチュを借りた。

そのお礼にお菓子でも買おうということになってロビンソンへ出かけた時に

どういう訳だかGジャンを買ってくれるという家人。


いや・・・特にGジャンは必要ないんだけど。どうせならジーンズのほうが.... .... ....


まぁとりあえずGAPでも覗いてみようかということになり




行ってみると安くなってる商品の中に気に入ったジーンズがあったので試着。

何本か穿いてみてビシッっとくるものはなかったけど、これならいいかなってものが
あったのでせっかくだから買ってもらうことにした。

すると予想してたよりもリーズナブルだったせいか
Gジャンもどう??とか言ってきたので


あくまでGジャンを着せたいのかーーーーと袖を通してみることにした。

ピッチピチで笑っちゃうんじゃないかと思ったら
これまたジャストフィットのものがあって

あんまりGジャンは着る期間が長くないだろうから、そんな欲しい訳ではないんだけど
両方買ってくれるっていうんだから

買ってもらうことにした。

久しぶりに人になんか買ってもらったような気がする
一応嬉しい。

しっかしここんところ小遣いを渡してないのにどうしてお金持ってるんだろう??と
いぶかしく思いつつもありがたく買ってもらうことにした。

たぶん預けてるゆうちょから
ちょこっとずつ下ろしてお小遣いにあててるんだろうなぁ~~~と推測。
[PR]

by geyschio | 2006-11-07 14:54 | 家族の話

ファミリー教室   

昨日は幼稚園主催のファミリー教室に飛び入りで行って来た。

大磯在住の梶山ご夫妻と伴奏者の平松さんによる演奏会。
奥様はフルート、ご主人はファゴットでとてもほんわかな音色の中のひととき。

聴いていて思ったことは、たぶんその楽器を選んだ理由なんてないのかもしれないけど・・・・楽器がその演奏者のパーソナリティを表すものだなぁと。
奥様は凛としてて花のある方でフルートそのものといった感じ、一方ご主人はおおらかで知識に富みしっかりと影で支えてるといった感じがファゴットそのもので。

いろいろ夫婦してる間にはあるでしょうが、夫婦で演奏できるといつどんな所でも演奏できて小さなことなど消えうせてしまうのかもしれない。

楽曲は大体が聞き覚えがあるものをチョイスしてくれているようで、親しみやすかった。
途中フルートがピッコロに変わったりファゴットがアルトリコーダーに変わったりして
いろいろな管楽器を味わうこともできた。

わかっていても吹き比べてもらうとピッコロってホントに1オクターブ高い音階なんだと思ってみたり、ファゴットはかなり低い音なんだなと実感して面白かった。

実は昔から管楽器にはとんと興味がなかったので、新鮮でもあったかも。

一番気に入った楽曲は日本の童謡をアレンジして繋げている変奏曲。

うさぎ、月、もみじ、案山子、通りゃんせ、祭、あとなんだっけかな???
メロディとアレンジのパートがフルートとリコーダーで常に入れ替わって
童謡がとてもおしゃれに聞こえた。
もともとマイナーが好きだし、聞いていて景色が見えるようで楽しかった。

そのほかいろいろと楽曲はあったのだけど、サティの曲の時はあまりに心地よすぎてうとうとしそうだった・・・・最後は大好きなチャイコフスキーの花のワルツ。

あっという間の2時間半だった。

そのあと一緒に同乗させてもらったママ達の中の一人のおうちで昼食会をした。
途中のコンビニにてそれぞれが食べたい物を買って。

うちにもいつでもどうぞって言える様に綺麗にしとかなきゃなぁ~~~と反省。

日曜日には長女のクラブの演奏会がある。それが終わったらやめようかなとか言ってるやつなので、最初で最後の演奏会になるかもしれない。
こればかりは強制しても楽しくないとできないことだしね・・・・しょうがない。

本当はバイオリン続けて欲しいんだけどねーーー
[PR]

by geyschio | 2006-11-03 22:27 | DIARY