新選組副長助勤   

b0011375_3282342.jpg今ごろこの本にめぐり合い購入してみた。

ほんの2ページほど読んだ所、歴史書かと思っていたら史実を基にしての小説だった。とても読み易い。

この間の新選組!のラストではかなり斎藤さんが前面に出る場面があって意外だった。
先に20時からの放送を見た旦那が、今日のオダギリカッコ良かったよ~~~とほくそえんで、私にものすごーーく期待させる発言。
でもきっと本物のオダギリジョーはあの場面であんなこと言わないだろうなと
まるでオダギリジョーを知り尽くしたかのような言い様。

そして22時からBS2で見始めた、どこにそんな場面があるのかと見れどもそんなのちっとも出てこない、それどころか今回かなり斎藤の出演少ないぞ・・と思っていたら
なんと最後だったのね。

泣かせる場面なのに。。さっきの旦那のセリフ、「オダギリだったらきっとあんなことは
言わないだろう」が響き渡り(笑)
感動が半減してるぞ・・・!どうしてくれるんだぁ。

でも確かに・・・と思ってしまう私も私だぁーー。これは斎藤一だっていうのに。

あと残すところ2回でいよいよ新選組!の放送も終了。
10月に撮影を終えた時にも思ったけれど、
スタジオパークへ何度か足を運んだことも今はほんといい思い出となり
そんな一年も終わろうとしてるんだなぁとしみじみ思ったりして。

私の母方の祖先は会津出身であり、今でも福島に住んでいるわけで
斎藤一さんのお墓は会津にあるということで今度行ってみたいなと
思ったりもしてる。
そういう意味でもオダギリジョーという人をきかっけに
斎藤一という人をもっと知りたいと思った。
[PR]

by geyschio | 2004-12-01 03:56 | オダギリジョー

<< グロッキー 七五三 >>